間取りや日当たりにこだわりすぎると素敵な物件を逃していく

賃貸で風水などを取り入れて自分の理想通りの間取りを手に入れようとすると、なかなか見つかりません。オーダーメイドではない限り、自分の理想にぴったりしたものはないものです。風水というものは欧米にはないので、そのようなものを気にしている人は余りいなくて、中には窓一つない、地下に部屋を借りている人もいます。まったく日がさしませんが、電気があるため必要ないといいます。むしろ、間接照明を取り入れて薄暗くし、雰囲気のある部屋にしています。ブルックリンスタイルのインテリア、BGMはジャズ、コーヒーの香りが漂う部屋は羨ましいほど素敵でした。エアコンがあるため温度は一定しているし、地上の温度も左右されず、静かで快適だと満足そうです。部屋の中は自分の使いやすいようにアレンジされ、工夫して暮らしている様子を見ると、玄関やリビングの向きや方角、日当たりばかりにこだわっているのがばかばかしくなってきます。賃貸物件では自分の条件にあったものを見つけるのではなく、物件にあったインテリアや工夫をしたり、その良さを見つけていくことが、楽しく暮らす秘訣なのです。

Copyright© 賃貸 方角 All Rights Reserved.

間取りや日当たりにこだわりすぎると素敵な物件を逃していく